2011年1月10日 (月)

柳岡克子のプロフィール

○S39年11月 和歌山県御坊市生まれ さそり座 A型
○仮死状態で生まれ、両手足に障害を持ちながら、母の送り迎えで御坊幼稚園・御坊小中学校・日高高校を卒業。親元を離れ神戸学院大学薬学部へ通う。手動式の車の運転免許を取得。
○総合学習センター柳岡塾を経営(中学3年生専門受験塾)
○障害者卓球と出会いクラス6でパラリンピックをめざし世界大会で好成績を残す。
○NHK教育テレビ「きらっといきる」に第15回のゲスト出演。
○御坊市や和歌山県の様々な委員を委嘱され、幅広く活動。
 障害者とは思えない行動力で才能を発揮。
○塾経営のノウハウ子育て講演「ゼロからのスタート」も好評。
○趣味 カラオケ・川柳

障害を乗り越えいきいき生きる姿を全国へ発信
命の尊さ・働く喜び・あたりまえの中の幸せ
バイタリティあふれる笑いと涙の90分
「天の銀行」へ貯金すること
感謝することの大切さを語る

学校・PTA・社協・青年会議所・企業研修・ライオンズ・ロータリークラブ・民生児童委員会・人権・女性・障害者団体など子どもから大人まで大好評

役職
御坊市身体障害者福祉協会会長
ウイズ・ア・スマイル会長
異業種研鑚会会長
日本会議和歌山女性の会副会長

所属
御坊商工会議所青年部
キャリアファシリテーター協会
日高番傘川柳会

資格
薬剤師・ケアマネジャー
宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランナー(AFP)
骨髄バンク登録説明員

講演の実績
団体名(主催)
海南市大野地区人権尊重推進委員会
串本町ふれあいいきいき祭り
北富田小学校
内原小学校保護者会
那智勝浦町老人クラブ
高城小学1年2年3年
高城小学4年5年6年
石垣中学校
和歌山県校長会
和歌山県老人クラブ連合会
和歌山東高校
美郷町民生児童委員協議会
江川小学校
大阪市肢体不自由者協会
和歌山県JA
湯浅町老人大学
田辺市民生児童委員協議会
和歌山東高校1年生
和歌山東高校2年生
日高高校1年2年
和歌山東ロータリークラブ
高城小学校PTA
皇學館高校1年2年

柳岡克子講演内容

youtubeにダイジェスト(10分)をアップしましたので

ぜひご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=o2zFn5CQ1bs

演題「生きている喜び」Meishi021
● 障害を持って生まれる
 東京オリンピックの年御坊で仮死状態で生まれる。和歌山市での2年半の入院生活。手術、リハビリ、マッサージなどを繰り返す。歩けるようになり退院。幼稚園で障害を自覚、認識。就学前検査にて養護学校を紹介される
幼稚園でじゃんけんがおかしい。はちまきがくくれない。おしっこが一人でできない。障害を自覚。
ポータブルトイレ設置で御坊小学校入学。入学式で担任から説明。退屈な体育の時間。水泳の練習。50メートル泳げたこと。達成感。思春期の悩み。自転車に乗れない。荒れた中学校で自殺を考える。音楽を支えに。高校の修学旅行。クラスの友情。4階の音楽室。自立を考え大学を受験。一人暮らしのため車の運転免許取得。神戸学院大学薬学部入学。マジックハンドで生活。
―――――――――マジックハンドを見せる――――――――――――
自立への周りの厳しい理解。本当の福祉とは、できること、できないことの見極め。できることは自分で、できないことに手を貸すこと。「何かお手伝いしましょうか?」の一言をかける。できることまでやってあげるのは、やる気を損なわせ怠けさせる。おせっかいだ。教室での消しゴム。部屋でのお箸。寮での掃除当番。薬剤師の国家試験。学習塾を経営。子どもの目線で。
● 卓球との出会い
 障害者と出会い障害者に励まされる。パラリンピックを目指して練習。
――――――ポテトチップスの筒を見せる――― 
     ――――――ビデオ10分―――――――――
● 命を大切にするとは 
・大病をして命の大切さを感じる。生まれ変わった命(卓球のボールの規格が変わる。)の使い方。
・点滴だけの入院生活からスプーン一杯のおかゆがおいしかった。口から食べる事への感謝。
・どれほど科学が進歩してもいまだに草木1本、アリ1匹作れない。
・人が生きていくには、空気、水、熱、光、紙、服、電気、食べ物、等あらゆるものの恩恵を受けて生かされている。
・人は一人では生きていけない。すべてに感謝せずにはいられない。この気持ちが大切。
・自分がうれしいことがあれば、それだけ多くの物や人に感謝して、恩返しのために人の役に立たせてもらいたい。
・この世に無駄なものはない。命には生を受けた意味がある。生ゴミも土に返して堆肥にする。
・自分の命を大切にできる人は相手の命も大切に思える。
・一人で大きくなったような気でいるが、おむつを替えてくれたのはだれ?ミルクを与えてくれたのはだれですか?
● 天の銀行に貯金(徳を積む)とは
* 目に見えない銀行があると思おう。給料以上働いた分はこの銀行に貯金されると思おう。きっといつか喜びとなって返ってくると信じよう。
* 廊下にゴミが落ちていたら、あなたはどうしますか?
① 通り過ぎる ② 「ゴミ拾うぜ」と言って拾う ③ だまってゴミ箱に入れる
* トイレットペーパーがなくなりかけていたらあなたはどうしますか?
   ① 最後まで使ってそのまま ② すこし残す ③ 使わない ④ 取り替える
* どうすることが天の銀行に貯金をすることになるか?
・人に親切にする。
・困っている人を進んで助ける
・いつも笑顔でやさしい言葉を使う
・仕事や勉強につとめ励む
・自分がして欲しいことを人にする。人が嫌がることはしない
・先生や年上の人を尊ぶ
・まわりの人と仲良くする。家族は仲良く助け合う。
・人の良い所を見つけて悪口を言わない
・時間や約束を守り、うそを言わない
・無駄遣いをしないで始末にし、すべてのものや人を大切にする。賞味期限。
以上のことを人が見ているか、見ていないにかかわらずできるようになろう。見ていなくても出来る人が増えたら、平和になる。天の銀行に貯金のある人は、いつか幸せ、喜びとなっておろせるときが来ると信じている。
● 人のために生きるとは
相手を思いやり、相手の立場に立って考えること。
御坊市身体障害者福祉協会の会長として学んだこと
  カラオケ大会――――――――聴覚障害者は歌えない
  マジックショー(手品)―――視覚障害者は見えない
  宴会で2杯目のビール――――透析患者は水分を調節している
  旅行――――――――――――車いす対応バス
  運動会―――――――――――ペースメーカー・松葉杖、義足の方に配慮
  ビデオ上映―――――――――手話通訳、字幕スーパー、2重音声付
● 地獄と極楽の違い(お坊さんの話より)
長い箸でご馳走を食べる。
地獄・・・・取り合い、争い
極楽・・・・向かいの人へ食べさせる。皆喜びにあふれ幸せ
● 本当の幸せとは
・子どもがいる、いないこと お金があっても病気ばかり、遺産相続で兄弟が骨肉の争いなど
 この話を聞く耳を持っている。私が見える。ご飯がおいしいと思える。これも幸せ
・運動会で走らされた障害児。さらし者にされてつらいと。彼女は屈辱的に感じ、私は達成感を得た。その違いは?
・もっと美人に、もっと頭がよければ、もっとお金持ちに、もっとスポーツができたらと欲を言えばきりがない。皆ない物ねだり。また皆それぞれ悩みがあるでしょう。親が病気。商売がうまくいかない。子どもが言うことを聞かない。家計が苦しい。それをどう乗越えていくかはご自身の考え方次第。トラブルが起こった時相手が悪いと思っているうちは解決は遠い。運命を受け入れ、反省し、怒られたのではなく教えてもらったと考えた時相手が変わる。
・対人関係で悩む人が多い。コミュニケーション能力が不足しているといわれるがすべてに感謝の気持ちを持ち自分の心の器を大きくしプラス思考で喜ぶ事でトラブルがなくなる。悩んでも解決しない。暗い顔をせず、しんどい時こそ笑顔で吹き飛ばせ。
・私の母は「ゼロからのスタート」だと言います。
「一生寝たきり」と言われた私が歩いた。学校へ行けた。仕事が出来た。すべてが喜べたと。気持ちの持ちよう。悲しい、と泣いても解決しない。「できない」とあきらめるのではなく、できることを増やす。できたことを喜ぼう。
・あたりまえの中の幸せ
私たちは、毎日当たり前のように暮らしています。でも、病気になったとき、はじめて健康な体のありがたさに気づき、親元を離れて、はじめて家族の大切さを知ります。
毎日、ごく当たり前のように思っていたことが、実はとても幸せだったことに気づきます。今の平凡な暮らしの中に、普段気づかない『小さな幸せ』が潜んでいることをもう一度、見つめ直すことも大切ではないでしょうか
・5つの言葉    「はい」       素直な心
          「すみません」    反省の心
          「おかげさまで」   謙虚な心
          「ありがとう」    感謝の心
          「させていただきます」奉仕の心
 メッセージカード入りキーホルダー
「挨拶あいうえお」挨拶は「明るく」「いつでも」「人より先に」「続けること」愛を植える気持ちとはありがとう、いただきます、うれしい、笑顔、おかげさま、の精神で常に感謝をすることが大切なのです
 今日のご縁を大切に明るく前向きに生きていこうではありませんか。ご静聴ありがとうございました。

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ